Buisiness

自分の力で生きたいなら制約と誓約

2021-07-10

どうも、りょこぺんです!

 

今日のテーマは、

「自分のちからで生きていきたい」

あるいは、

「成果・結果を出したい」

と思っているのに成果が出ないのであれば

制約と誓約を決めようという話です。

 

この言葉は、HUNTER✕HUNTER(ハンターハンター)という

念能力系の少年マンガに出てくるクラピカというキャラクターから

いただいた言葉と発想なのですが(笑)

もしかすると知らないかもしれないので

漫画の話は割愛させていただきますがおすすめです(笑)

 

■そもそもの意味と決める理由

ハンターハンター内のクラピカは

自分の能力の威力や精度を上げるために

いわば自分の念能力を強化するために制約と誓約を決めています。

 

では、そもそも制約と誓約の意味は何なのでしょうか?

 

【制約】

ある条件を課して、自由にはさせないこと。その物事のために必要な条件。

 

【誓約】

必ず守ると約束すること。

 

簡単にいうと、

「しないこと」と「やること」を明確にするということですね。

 

重複しますが、この2点を決めるのは自分の力を高めるためです。

能力を高めて精度を強化することで

結果や成果に力を集中させることができます。

 

無意識かもしれませんが、

あなたは一瞬一瞬、生活の中で小さな選択を迫られているのです。

小さな選択だからといってなめていたら痛い目にあいます。

チリツモです。

 

具体的には、私たちは情報量の多い社会で色々なことを見聞きしていますが、

「やること」も「やらないこと」も分かっていなければ

本当に結果を出したいと思っていることやタイミングで

結果を出すのは結構難しいのではないでしょうか?

 

目的があるにも関わらず目先の利益にとらわれたり、

一瞬の「あ、やりたい」ばかりが積み重なっていたり

そんな経験があるのではないでしょうか。

 

あなたは自分の力を分散させてしまっていませんか?

ちゃんと集中できていますか?

 

「いやいやいや、りょこぺんさん。

別に、やることとやらないことを決めるで

良くないですか?かっこつけたいの?」

という声が聞こえてきそうですね(笑)

 

答えは、ぶっちゃけそれでおっけー。

 

どんな言葉だったほうが自分がやれそうか。

どんな言葉だったら相手に勇気を与えられそうか。

どんな言葉だったらワクワクするのか。

 

これを基準に考えてみてください!!

 

言葉の持つ力は想像以上に強いのです。

 

これが、私が制約と誓約にしている理由です。(笑)

 

■私の制約と誓約リスト

・遅くまで起きてダラダラしない。

・暴飲暴食をしない。

・フラッとコンビニに入って必要ないものを買わない。

 

 

・お客さんの求めていることを心から理解して

それを手に入れられるように尽くす。

・全力でゴールに連れて行く。

・相手の気持ちを理解しようと努める。

 

ある目標を達成するまではこのように決めています!

 

■最後にこっそり裏話

私がコーチングでビジネスを始めた時に、

『ビジネスをやる代償は何だと思う?』と聞かれました。

 

その時に、「相手のために使う時間かな?」と思ったのですが、

根本的な考え方としては、

「相手の求めているものを理解してそれを手に入れられるように全力を尽くす!」

ということらしいのです。

言葉一つですが、それを聞いた瞬間なんか違和感を感じたんですよね〜

この違和感伝わりますかね?(笑)

 

相手の求めていることに対して尽くすのは当たり前だし

その結果感謝やお金をもらっているわけで。

なんでそれが代償になるわけ???とね。

 

頭がハテナで埋め尽くされたので

なぜ「代償」という言葉を使っているのか聞くと、

収まりが良いかららしく意味はなかったようです!

 

いや、ないんかーーーい(笑)と全力で突っ込みたくなった!

 

代償の意味を調べてみると

「相手に与えた損害に対する償い」とでてきます。

 

コレは単純に使っている言葉を変えた方がいい気がするので

今度改めて伝えてみようと思います!

 

せっかく人想いでゴールまで連れて行ってあげたい

という気持ちが強いのに言葉一つでもったいない気がします。

私みたいに感じる人もいるはずなので。

 

言霊という言葉があるくらいなので

言葉を正しく丁寧に使おうと気持ちが引き締まりました!

 

ではでは、次回またお会いしましょう〜!

 

 

 

 

-Buisiness
-, , , , , , ,

© 2021 GOING BOHEMIAN WAY Powered by AFFINGER5